• 資格取得のポータルサイト「とるぞ~」

  • ブログ内検索

  • FC2カウンター


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/06/28(Thu)

即時取得(第192条)について

 即時取得(第192条)
 取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。


1.まず、基本を確認しておきたいと思います。
  不動産には登記という公示手段が用意されています。
  ですから、これから不動産取引に入ろうとする人は、一応登記を確認すれば安心ということです。
  一応・・・というのは、わが国では真実の登記が必ずしもなされているとは限らない実情があるからです。
  たとえ、その登記名義を信じても、その登記名義人が無権利者であれば、取引の相手方は所有権を取得できません。
  その理由は、不動産は価値的に高価なので、よほどの事情のない限り、真の所有者が犠牲になることがあってはならないからです。
  不動産には、公信の原則の原則が適用されないのです。
  ただし、本人に帰責事由が認められ、通謀虚偽表示の適用あるいは類推適用が許される局面は別です。


  これに対して、動産は頻繁に取引されるにも拘わらず、公示手段が通常用意されていません。
  自動車登録制度のような一部例外もありますが・・・。
  動産取引においては、一々詳細に真の所有者を確認することは煩雑極まります。
  そこで、真実の所有者らしい外観を信じて取引に入ったものは、たとえ前主が無権利であっても  善意無過失であれば保護され、そのままその物の所有権を取得するとしたのです。(公信の原則)



 2.では、問題です。

 ① 皆さんが、未成年者から宝石を買った場合、皆さんは善意取得の制度で保護されますか?(但し未成年者には詐術を用いた事情がなく、未成年者の法定代理人が取消を主張したものとします。)

 ② 皆さんが、錯誤に陥った売主から宝石を買った場合、皆さんは善意取得の制度で保護されますか?(但し売主たる相手には要素の錯誤が認められ、錯誤無効を主張したとします。)

 ③ 皆さんが、無権代理人から宝石を買った場合、皆さんは善意取得の制度で保護されますか?(但し本人には帰責事由がなく、本人が効果不帰属無効を主張したものとします。)

  ④ 皆さんが、その後その宝石を友人に売った場合、友人は善意取得の制度で保護されますか?(但し皆さんと友人との間には契約上の瑕疵がなく有効であるものとします。)








 3.答え

 ①~③は、全て皆さんが負けです。
 なぜかというと、即時取得という制度は、沿革上、無権利・無権限を治癒する制度であること、
 もし、①~③の場合に善意取得を認めてしまうと、行為無能力者を保護しようとした趣旨、意思表示の瑕疵・欠缼がある表意者を保護しようとした趣旨、無権代理における帰責事由のない本人を保護しようとした趣旨が没却されるからです。
 なんでもかんでも善意取得で保護されると思ってはならないのです。


 ④は、友人は善意取得で物を取得することができます。
 なぜかというと、前段で述べた理由は、制限能力者等と直接取引した者との間で妥当するのであって、無権利者である皆さんと取引関係に入った友人は、原則どおり、善意取得の適用を受けることができるからです。   
 なお、その後の精算関係は、当事者間で契約解除、不当利得の法理で求償されるのはいうまでもありません。





今凹んでいる人も法律知識ゼロの素人でも 行政書士試験に合格できる!『問題集大量高速回転法!』(音声講義スタイル)

 
 
スポンサーサイト
Home | Category : 行政書士試験合格方法論 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 解答があったんですね

    一番下に解答があったんですね。
    前回のクイズ方式かと思ってしまいました。
    盗品である宝石と知らずに店で買った場合も
    即時取得が認められるんですよね。
    拾ったクジとかも。
    拾った犬は認められないんでしたよね、確か。

  • こんばんは!
    沿革や制度趣旨を理解していると混合せずに理解出来ますよね^^

  • なむさんへ

     こんばんは!
     遺失物法、最近改正されて家畜以外の動物(犬猫)なんかの取り扱いが変わったのですねぇー。
     知らなかった(笑)。

     なむさんが即時取得がニガテというのは、どのあたりでしょうか?
     即時取得の占有は占有改定で足りるか、というあたりでしょぅか?
     質問いただければ、フォローしたいと思います。

     ガンバッテください!

  • せきかわさんへ

     おっしゃるとおりですね。
     行政書士試験対策用のテキストをみても、法令科目を一冊でカバーしているテキストなどは、どうしてもそこらあたりが薄くなってしまいがちだと思います。

     しかし、時間もないわけですから、むつかしいところだと思います(笑)。

  • 境目あたりが

    占有改定では即時取得は認められませんでしたね?

    どこから権利者でどこから無権利者になるかという
    境目のようなものの理解が今ひとつだったんです。

    シンさんの説明は分かり易くて助かります。

  • なむさんへ

     褒めてくださいまして、ありがとうございます(笑)。

     益々調子に乗って解説しちゃいますよ!(笑)。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。