• 資格取得のポータルサイト「とるぞ~」

  • ブログ内検索

  • FC2カウンター


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/05/01(Tue)

暗記と記憶の関係について

 暗記は、基本的にするべきではありません。


  ここで、私が暗記と呼ぶモノは、意味もわからず、ただ強制的に頭の中に入れておくことを指しています。


 受験勉強をしていると、数多くのことを記憶しなければなりません。 


 しかし、記憶というのは、物事を一通り理解して、何回も反復することで定着するはずです。 ですから、問題集を何回も回せ、といっているわけです。  


 ただしかし、どうしても、意味の脈絡に関係なく、それこそ暗記しなければならないモノもあります。 そのときは、どうするか?  


 記憶術を使います。


 私は、連想記憶術という手法を使っていました。 知ってる人は、知っていると思いますが、覚えるべき単語の一部分を他のモノに変換して、あるイメージを想定し、次々と勝手に自分の頭の中だけで物語を作っていく方法です。この記憶術は、効果抜群です。絶対に忘れません。後日、紹介したいと思います。  


 言いたかったことは、マル暗記は最後まで、なるべくしてはならない、ということです。






今凹んでいる人も法律知識ゼロの素人でも 行政書士試験に合格できる!『問題集大量高速回転法!』(音声講義スタイル)

 
 
スポンサーサイト
Home | Category : 行政書士試験合格方法論 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 連想記憶術というと大学受験時を思い出します。
    英単語を覚えるのにかなり役に立ちました。

  • おつかれさまです

    そうですか、せきかわさんも。連想作るのって結構楽しいですよね。(笑)。

  • 連想記憶術の詳細、楽しみにしております!

  • イワモッチさんへ

    おつかれさまです。段々と忙しくなってきたのではないでしょぅか。連想記憶術は、日常の小さなことでも、転用できますから、大変便利です。今から、記事本文で書きますので見てくださいネ。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。