• 資格取得のポータルサイト「とるぞ~」

  • ブログ内検索

  • FC2カウンター


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/10/08(Mon)

運転免許試験と同じ感覚で捉える

運転免許試験は、誰だってほぼ100点に近い点数を取れますよね。
何故でしょう?

それは、過去出た問題が繰り返しそのまま出るからです。
もちろん、前回と全く同じ問題ではありませんが、それ以前に出た問題を組み合わせて作られています。

つまり、受験者としては、答えが最初からわかっているから高得点が取れるのです。


行政書士試験も、限りなくこの状態に近づけるように準備すればいいわけです。

実際の本試験問題は、過去問と全く一言一句同じ問題は出ませんが、ある程度の類似性をもって繰り返し出題されているのがわかると思います。

この運転免許試験状態に近づくためには、過去問や予備校の予想問題を大量に潰しておく必要があります。

しかし、一々真っ正直に解いていたら、とても大量には回せませんよね。
ですから、問題文と解説をあたかもテキストを読むがごとく、淡々と読み流していけばいいわけです。

それでは実力が確認できないではないか、という人もいますが、実力確認のために問題集をやっているわけではないのですから、ナンセンスな話です。
来るべきときが来たら、ちゃんと何も見ずに問題集を解いてみればいいだけです。

これまで私がアドバイスしてきたように、大量に問題集を潰して本試験に臨んで、もし知らない問題がでたらどうするか?

無視すればいいだけです。

どうせ、誰もできないからです。

皆さん以上に問題集を検討していない人が、突然本番で正答できるなんてあり得ないことです。
そんな気持ちになるくらい、他の誰よりも、大量に問題をやってもらいたいと思います。
皆ができない問題は合否に影響しませんからできなくてよいのです。
最後に時間が余ったら、考えてみればよいと思います。

以上、応援メッセージでした!




今凹んでいる人も法律知識ゼロの素人でも 行政書士試験に合格できる!『問題集大量高速回転法!』(音声講義スタイル)

 
 
スポンサーサイト
Home | Category : 行政書士試験合格方法論 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • こんにちは

    知らない問題
    他の誰もできない問題を
    たとえそれが直感や雰囲気だったとしても
    正解することができるのは
    やはり、問題を誰よりも多くこなした者だけなんだ
    と私は信じています
    いや信じたい(^^)
    最後くらいは正直者が笑う世の中であって欲しいです!

  • マグナムTK さんへ

    その通りですよ。
    いつも言うように、行政書士試験受験者の実力者の層は薄く、一部に偏っていると思います。

    記念受験組や、だらだら毎年年中行事組は無視すればいいわけです。

    今年こそ、抜け出るためには、マグナムTKさんの最大の課題であるスピードですね。考えすぎないこと。だから、条件反射の確立の域に到達するよう、高速に問題を回すようにアドバイスしてきました。

    たとえば、判例が長文で出たとしても、今まで見たことのある判例要旨が長くなっているだけですから、速読して要点だけに線引きして、解答すればいいです。

    今までやってきた問題は全てマスターするよう、確認と記憶。
    実践練習として、毎日、本試験と同じように模試問題を時間どおりに解くこと。

    これで完璧です!(笑)。
    ガンバッテください!

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。