• 資格取得のポータルサイト「とるぞ~」

  • ブログ内検索

  • FC2カウンター


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/04/27(Fri)

過去問は解くべからず! 読むべし!!

 入門講座を身体に染み入るほど繰り返し聴いた後になすべきこと


 直近模擬試験問題、直近予想問題集、過去問集を用意してください。 この順番に、問題集を潰していかなければなりません。


 問題は、そのやり方です。解いてはダメです。問題と解説を読み流してください。


 どうしてでしょうか?


 入門講座を終えたばかりの段階では、残念ながら問題は解けません。                何故なら、第一に、試験問題を解く上での知識が圧倒的に不足しているからです。 第二に、解き方がわからないからです。


 これを解決するには、実際問題集を見て、どんな問題が出るのか、出題形式はどんなパターンがあるのか、聞いてくる知識の範囲はどこまでか、どの条文が頻繁に聞かれるのか、よく題材とされる判例は何か、等を認識する必要があります。 


ですから、目的は解くのではなく、知ることにあります。


一回目はこの程度で十分です。  二回目は、一回目より深く読み込んでいきます。                                          三回目以降は、出てきた条文・概念・制度で覚えにくいところは整理図表を作成し、欄外に書き込むなり、書ききれなければメモを挟み込みます。


  こうやって、問題集自体をサブノートとするのです。


 こうして、五回も回せば、かなりの実力が定着していると思います。


 仕上げは、各予備校の模擬試験をできるだけ多く受けて、間違ったところ、ニガテな所だけを復習してください。  


 以上が、全体の流れです。    








今凹んでいる人も法律知識ゼロの素人でも 行政書士試験に合格できる!『問題集大量高速回転法!』(音声講義スタイル)


スポンサーサイト
Home | Category : 行政書士試験合格方法論 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2007/04/27(Fri)

入門講座はどこの予備校がよいか

 このテーマについての答えは、単純です。辰巳法律研究所、LEC等の大手予備校に限ります。たとえ、安くても、三流の通信講座などを選択してはいけません。大手ならどこでもいいです。後は好みの問題です。

 なお、入門講座だけは高くても投資すべきですが、その余の講座は、ニガテな科目だけにしてください。決して、予備校依存症になってはいけません。

 本格的な勉強は、入門講座を終えた後、自分でやることから始まるのです。


今凹んでいる人も法律知識ゼロの素人でも 行政書士試験に合格できる!『問題集大量高速回転法!』(音声講義スタイル)
Home | Category : 行政書士試験合格方法論 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。