• 資格取得のポータルサイト「とるぞ~」

  • ブログ内検索

  • FC2カウンター


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2007/04/29(Sun)

インプットとアウトプットの配分について

 皆さん、おはようございます。今日はいいお天気でよかったです。


 さて、問題集中心主義について、イワモッチさん、せきかわさん、さとみんみんさんから、コメントいただきました。ありがとうございました。  本日は、その中で、さとみんみんさんの、問題がうまく解けないので、もう一度インプットに戻ろうかな、という悩みについて、お答えいたします。


 インプットというと、通常は、テキストや教科書を何回か読み込む、あるいは講義を聴き直す、ということになると思います。  


しかし、個々の具体的な試験問題を離れた、インプットだけのインプットはあまり意味ありません。  


例えば、未成年者の行為能力について、テキストなどでは、原則単独では法律行為ができないよ、契約するときは法定代理人の同意を必要とするよ、但し、単に権利を得、義務を免れる行為についてはいらないよ、という風に記述してあります。 


しかし、実際の試験問題では、例えば、未成年者が○○○の行為をしました、さてどうなりますか?という風に聞いてきます。 このとき、あれっ、どうだっけな、とテキストなどでわかってたつもりでも、実際問題を解く段になると、迷うことがありますよね。


 ここがポイントです。  テキストだけでは、解答できません。実際、数多くの問題を解く中で習得していかなければなりません。 ですから、インプットという作業は、問題をやりながら身につけていくのが効率的なのです。


 何度も、繰り返し述べているように、いきなり問題を解けるようにはならないので、まず、一冊の問題集を問題と答えを読み込んで、知識とパターンを覚えるということをすればいいわけです。  二冊目の問題集をやるときは、きっと大半解けるようになっていると思います。


結論を言います。インプットは早く卒業して、なるべく早くアウトプットにシフトしなければならない。本試験が近いのに、まともに問題やってない人は受かりません。


入門講座が終わったら、すぐに実際の問題に取り組むべし。


 






今凹んでいる人も法律知識ゼロの素人でも 行政書士試験に合格できる!『問題集大量高速回転法!』(音声講義スタイル)
スポンサーサイト
Home | Category : 行政書士試験合格方法論 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • さぁみなさん!
    問題集に取り掛かりましょう!!

    私もなんだかドキドキしてきました~!

  • ありがとうございます!!

    ”インプットだけのインプットはあまり意味がない”
    なんとなくは分かっていましたが、漠然と思っていたことをこんなにずばりな回答にしていただけて、とても嬉しいです!
    ありがとうございますe-466
    一年目は圧倒的に問題演習量が足りなかったなーと思います。
    もう明日から5月で焦りますが、気を取り直して頑張っていこうと思います。
    本当にありがとうございます。

  • イワモッチさんへ

    このテーマの記事書くようになってから、私もテンションが上がってきました(笑)。

  • さとみんみんさんへ

     お役に立てて嬉しいです。引き続き、有益な情報を提示していきますので、参考になさってください。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。